心身共にポカポカになれる郷土料理

愛知県の郷土料理と聞いて、何を考えるでしょうか。どて煮や味噌煮込みうどん、味噌おでんや味噌カツ、味噌田楽のように八丁味噌を使った料理でしょうか。はたまた、きしめんやひつまぶし、天むすのようなお食事でしょうか。上記のような郷土料理の他にも愛知県には、自然のものを使用した美味しいものが沢山あります。例えば、もろこ寿司という箱寿司があります。もろこという、小さい淡水魚を甘辛く煮て箱寿司にする伝統的な食べ物があります。古くは江戸時代から食べられていたといい、小さい子供でも甘辛く煮たお魚は食べやすく人気があります。近年ではもろこが取りにくくなってしまった為、愛知県津島市のお店でしか食べる事が出来ない程ですので、興味のある方は行かれてみてはいかがでしょうか。もろこ寿司のように、魚を甘辛く煮た郷土料理は他にもあり、アマゴ茶漬けと呼ばれるお茶漬けです。アマゴというヤマメのようなお魚を甘辛く煮て、ご飯の上に乗せてお茶をかけていただきます。アマゴのやわらかな味が絶品で、アマゴから出る香りの良いダシに心も身体もポカポカになるでしょう。アマゴ茶漬けにアレンジを加えた、アメ茶漬けを出す旅館もあり、わざわざアマゴ茶漬け・アメ茶漬けを食べるためだけに愛知県に来るという人もいるくらいです。愛知県名古屋市の名古屋駅周辺でもアマゴ茶漬けは食べる事が出来ますので、試してみてはいかがでしょうか。

新着情報